秋田の路上探索 BLOG

特にテーマを定めず、旅先で見た物や景色を紹介していきます。

男鹿水族館GAOに新たなホッキョクグマがやってきた

秋田の路上探索

 

2005年から男鹿水族館GAOにて飼育されている雄のホッキョクグマ「豪太」。2019年3月にその繁殖相手として兵庫県姫路市立動物園から雌のホッキョクグマ「ユキ」が移送され、同月中に一般公開が始まりました。そのことには気付かず、たまたま公開開始から間もなく水族館に行く機会を得られ、後で調べて詳細を知ったのではありますが…。

 

水族館の正面。館名のロゴは手前側にあり、右側の入口付近は物寂しい印象。建物の中に入るのは豪太が来て間もない頃以来となります。豪太の他にも以前は「クルミ」や「ミルク」といったクマも飼育されてはいたのに、結局この2頭は見ることのないまま終わってしまいました。

f:id:aoft291:20190330222004j:plain

 

順路に入ると間もなく現れる大水槽。ここで暫く見とれてしまいます。

f:id:aoft291:20190330222049j:plain

 

学校は春休みの時期ですが、平日ということもあってか館内は空いており、比較的ゆっくりと見物できました。

f:id:aoft291:20190330222102j:plain

 

アマゾンコーナーでは、かのデンキウナギやピラニアも間近で観察できます。

f:id:aoft291:20190330222117j:plain
f:id:aoft291:20190330222134j:plain

 

アマゾンコーナーを過ぎると外の景色が見え、ホッキョクグマ用のプールが現れます。
新たに仲間入りした「ユキ」が三角コーンを玩具代わりに泳ぎ回ったり、水に飛び込む動作を繰り返していました。

f:id:aoft291:20190330222227j:plain
f:id:aoft291:20190330222239j:plain
f:id:aoft291:20190330222258j:plain
f:id:aoft291:20190330222249j:plain

 

ユキは19歳で、姫路市立動物園では「ホクト」という雄グマと長年同居してきました。

f:id:aoft291:20190330222307j:plain

 

通路を下っていくと、今度は豪太が出現。ユキよりも年下で15歳ですが、雄は体躯が大きく距離も近いのでより迫力があります。同じ場所をウロウロしているだけで水に入る場面には遭遇できませんでしたが、10数年ぶりにお目にかかれたというだけでも来た甲斐はあったと思います。

f:id:aoft291:20190330222317j:plain
f:id:aoft291:20190330222325j:plain